はじめに

コンピュータに関する諸々をいじっていてわかったこと、わからなかったことを記録します。

生物系の分野では実験手法や結果を実験ノートに書きますが、家でパソコンいじってるときにも実験ノートのようなものが欲しいと感じました。 未来の自分が困らないためには、記録が大切です。
どうせ記録をつけるなら公開しようと思い、今に至ります。

いわゆるコンピュータ技術といものは、生物専攻である私にとって未知の世界です。

コンピュータは0と1だけの計算機に過ぎない、とは聞いたことがあるけど、まるで意味がわかりません。
print("Hello, world!")
おそらく簡単であるはずのこのコードですら、0と1の計算がどう転べば Hello, world! と画面に表示できるのか、見当もつきません。
2進数と言わず10進数まで計算してくれる電卓を何度も使ってきても、Hello, world!を表示できる実感をつかめたことなどまるでないのです。

「Macこそ一流」「Linux以外ありえない」「Windowsはゴミ」
いろんな哲学があるみたいですね。 たしかに、Macがお洒落なのはわかります。 でも機械としての性質にどんな違いがあるのか、正直わかりません。
いや白状すると、OSとは何なのかわかってません。

バグのないコードはありえない、と聞いたことがあります。
身の回りを見渡せばIT技術がたくさんあります。 おそらく見渡せないところでもたくさんコードが動いてるのでしょう。
本当に"バグのないコードはありえない"なら、うまく回ってるように見えるIT社会も、裏では結構エキサイティングな感じになってるのでしょうか。

わからないことがあるのは楽しいことです。
あくまで気楽に、やっていきます。