Windowsの上にUbuntuをインストールする | 仮想環境構築

Windows上にVMwareで仮想環境を構築し、Linux(Ubuntu)をインストールしました。



Introduction

Linuxなるものを使ってみたいと思い立ちました。
普段はWindowsかMacをつかっているので、OSごとの違いにも興味があります1

そこで、LiveOverflow氏の動画2を参考にしながら、数あるLinuxディストリビューションのひとつ"Ubuntu"を、仮想環境でインストールしました。


Results

Linuxのいいところ

まず、LinuxのいいところはOSがどう動いていているのかを理解しやすいことです。
WindowsやMacでは、技術的な部分を理解するのが難しい。例えば、Linuxではカーネルのソースコード見ることができますが、WindowsやMacはできません。
しかし、当然私はカーネルが何なのかよく理解してませんので、このメリットを実感するのはいつになるやら。

もう一つのいいところは、LiveOverflow氏曰く、
"It will be cool to learn something new."
いや本当におっしゃるとおり。
理由はこれだけで十分です。

どのLinuxを選ぶか

Linuxはオープンソースで配布されているOSです。 多様なディストリビューション(配布形態)が世に出回ってます。

Kali Linux:
たくさんの侵入テスト用ツールがあらかじめインストールされているLinuxディストリビューション。システムの仕組みを理解するのには面白そうだけど、初心者にはちょっと怖い。

Ubuntu:
標準的なデスクトップとしていい感じのLinuxディストリビューション。初心者にもいい感じ。

Debian:
Webサイトのサーバーとしてよく使われるらしい。その道の人には有名なLinuxディストリビューション。

Red Hat Enterprise Linux:
サポートサービス付きのLinuxディストリビューション。保証が必要な企業には魅力的。たぶん有料。

Archlinux:
これを使えば、自分でLinuxを構築できるらしい。いつか自分で作ることができたら最高に楽しそう。

今回はここで深掘りはせず、LiveOverflow氏にしたがって、初心者である私にも使いやすいUbuntuを選びました。

VMwareで仮想環境を作れる

仮想環境とは、コンピュータの中にもう一つコンピュータを作るようなものです。私のWindowsの上で仮想環境を作れば、別のOSを走らせることができます。
ライオンのいる檻の中にもう一つ小さな檻を作り、そこでトラを飼う、というイメージでしょうか。

この仮想環境を構築してくれる便利なソフトの一つがVMware3です。無償版の"VMware Workstation Player"4をダウンロード、インストールしました。
ちなみにMacの場合はVMwareは有料なので、Virtual Boxがおすすめだそうです。


Ubuntuを仮想環境上で起動

VMwareによって仮想環境を構築、その上でUbuntuを起動していきます。
まずはVMwareを起動して仮想環境を構築します。

「新規仮想マシンの作成(N)」

「後でOSをインストール(S)」

インストールするOSの選択。

「仮想マシン名(V)」、「場所(L)」ともにデフォルト。

そのまま「次へ」

「完了」
これでOSの入っていない仮想環境が構築されました。

つぎに、この仮想環境上で走らせたいOSをダウンロードします。 今回はUbuntuのLTSバージョンをダウンロードしました。LTSとはLong Term Supportのことで、長期的にサポートされる安定版のことです。
"ubuntu-18.04.1-desktop-amd64.iso"というファイルがダウンロードされました。

ここでこのファイル名、よく見てみると" .iso "という謎の拡張子がついています。ファイル種類は"ISO Image File"です。聞いたこともありません。
wikipediaで調べてみると5

ISOイメージは、国際標準化機構 (ISO) の定義した形式の光ディスク用アーカイブファイル(ディスクイメージ)。このフォーマットは多くのソフトウェアベンダーがサポートしている。ISOイメージファイルの拡張子は .iso とされることが多い。ISO と呼ばれるのは、CD-ROM媒体で使われる ISO 9660 ファイルシステム に由来するが、ISO 9660 を拡張し互換性を保持しているUDFファイルシステムもISOイメージに格納できる。

つまり、CDみたいなディスクのためのデータフォーマット、ということでしょうか。確かにこれは合点がいきます。
LinuxのようなOSを、仮想環境ではなく普通のコンピュータ(例えば自作PC)にインストールするとき、OSデータの入ったCDを挿入して起動する、と聞いたことがあります。
今回私は仮想環境という名の新しいコンピュータにOSをインストールしようとしてますが、ここでも同じことをしようとしているわけでしょう。つまりCDのかわりにISOファイルを仮想環境に挿入し、OSを起動させるわけです。
手順は次の通り。

「仮想マシン設定の編集(D)」

「ハードウェア」タブの「CD/DVD(SATA)」

「接続」欄の「ISOイメージファイルを使用する(M):」を選択し、「参照」からダウンロードしたUbuntuのISOファイルを指定して「OK」。
これでISOファイルが仮想環境に挿入されたことになります。

これで「仮想マシンの再生(L)」を押せば、挿入したISOファイルをもとにしてUbuntuが起動しました。

Ubuntuを仮想環境上にインストールする

一回目の起動時に、Ubuntuを仮想環境にインストールします。
一回目の起動では、ISOファイルを仮想環境に挿入し、それをもとにして起動しています。このISOファイルに書かれたUbuntuを仮想環境にインストールすることで、次回からは挿入したISOファイルではなく、仮想環境そのものからUbuntuを起動することができる、ということなのでしょう。

一回目の起動時に立ち上がるUbuntuのウィンドウで、「Install Ubuntu」を選びます。
このときは好みで言語が選べます。日本語もあります。

数々の設定。言語とキーボードの指定以外は気にせずデフォルトでよいです。

インストールが終わったら再起動します。ここで「今すぐ再起動する」を押した後に、仮想マシン起動設定を変更します。あるいは再起動ではなく仮想マシンを終了(ウィンドウを閉じる)してから変更し、起動しても大丈夫でした。先ほど 「ISOイメージファイルを使用する(M):」からISOファイルを指定しましたが、今度はそれを元に戻します。たったいま仮想環境にUbuntuをインストールしたので、次回からは仮想環境の物理ドライブからUbuntuを起動できるわけです。

VMwareウィンドウ右上のツールバーから、CD/DVDのマークを右クリック
(あるいは先ほどと同じく「仮想マシン設定の編集(D)」)

「設定」

「ハードウェア」タブの「CD/DVD(SATA)」

「物理ドライブを使用する」(自動検出)を選択

一度シャットダウンした場合は「仮想マシンの再生(L)」で起動します。この状態で起動が成功すれば、ついに仮想環境へのUbuntuインストールが完了。これで存分に遊べます。

Discussion

今回、Windows上に仮想環境を構築し、Ubuntuをインストールすることに成功しました。
仮想環境というのは面白いもので、恐らくぶっ壊してしまってもまた作り直せばいいだけです。なんでもできます。LiveOverflow氏も言ってましたが、そのような性質もあってセキュリティ関連の操作ではよく仮想環境が使われるのだそうです。

それにしても、LiveOverflow氏の動画は本当に面白い。私のように完全な独学でやろうとしている人種にとって、彼のような動画は本当にありがたいものです。

現代のインターネット社会に感謝します。